【中国】中国の奇習「纏足」とは何だったのか? 106歳「最後の纏足女性」が初めて“素足”を晒し証言 (画像あり) [ごまカンパチ★]

1 :ごまカンパチ ★:2020/11/01(日) 23:42:35.57 ID:ekcuKhWy9.net
女児の足を縛って、人為的にその発達を抑える中華民族特有の風習「纏足(てんそく)」。
女性の性的魅力を高めるとして、20世紀中頃までおこなわれていた習慣だが、今、「最後の纏足世代」が急速に姿を消しつつある。
高齢となった彼女たちが、自らの生涯と纏足について語り始めた。

■そもそも纏足とは何か?
中国では一般に「小脚(シァオジァオ)」とも呼ばれる纏足は、幼女の足首から先を布できつく縛って足の成長を阻害し、故意に小さく変形させる奇習だ。
纏足をされた女性は、生涯にわたり歩行困難を強いられる。

纏足するには、女児が4〜5歳になると長さ約3mの帯状綿布で両足の足首から先をそれぞれきつく縛り、発育を故意に抑える。
施術中の女児は高熱を発するため、纏足は秋におこなわれた。
女児は麻酔代わりにアヘンを吸わされた上で寝台に固定され、親指を除く8本の足指を内側に強く折り曲げられ、時には舟状骨や距骨など足の甲の骨を石で砕いた。
その壮絶な痛みと苦しみは、清朝の小説『夜雨秋灯録』(宣鼎・著)で
「人間最慘的事,莫如女子纏足聲(人間として生まれて最も悲惨なことは、纏足される女子の絶叫だ)」 と表現されたほどだ。

寝るときは布で巻かれた足に「睡靴(シュェイシエ)」という靴カバー状の履物を履くが、睡眠もままならないほどの苦痛と共存しなければならない。
縛り直す時と足を洗う時以外、布を緩めることは厳禁だから、常時、関節痛や骨折、脱臼、皮膚の化膿に苛まれる。
足のサイズは全長三寸(約9cm)が理想とされ、正座した纏足女児の大腿部に石板や岩など置き、おもしにして変化を促したこともあったという。

まず親指以外の8本の足指を内側に曲げて全て足裏にくっつくようにする初期変形作業に約2年を費やし、
その後、足の両サイドの中足骨を内側に折り曲げて足の幅を狭める。さらに、足全体を弓のように曲げ、土踏まずを窪ませ、甲を高く持ち上げる。
成人後も縛り続け、数日に1度の足洗いが生涯にわたって行われ、足は動物の蹄に似た形状となる。
纏足は家庭でおこなわれるため、失敗して命を落としたり、敗血症や壊疽で足を失ったり、麻痺や筋萎縮の障害を抱えた女性も少なくなかったという。

理想的な纏足には「三寸金蓮(サンツンジンリエン)」という美称が与えられ、黒髪、白肌などと並ぶ女性美の代名詞となった。
古代・斉朝(479〜502年)の女官が金箔を蓮の花状に切り取って何枚も床に散らし、その上を皇帝に寵愛されている妃が歩くと、金箔から蓮華が咲き乱れた逸話から、
美女のしなやかな動作を「金蓮歩」と称した。

「瘦小尖弯香軟正(ほっそり小ぢんまりとして親指に向かって尖っていて全体がしっかり歪み、(臭気が)かぐわしく軟らかで両足の形状が対象」は纏足が備える7美点で、
纏足をしない大きな(通常の)足の女性は婚期を逃しがちだったという。
(性的魅力が欠如し)優雅でなく、(凄まじい纏足づくりを乗り越えたという)我慢強さに欠け、(慣習や伝統に従う)道徳意識に乏しいと思われたからだ。

■纏足はなぜ広まったのか?
纏足が広まった最大の理由は、小さな足が男性にとっての性的欲望の対象だったから。
小ぢんまりした弱々しい女性の足は男性の支配欲を掻き立て、女性が小さな足を引きずるように狭い歩幅でヨチヨチ歩く姿を優雅とみる美意識があり、
布できつく縛られた足から漂う汗や膿や汚れの臭気は、ある種のフェロモンになったという。
近現代になっても、文人墨客の間で、妓楼の纏足妓女の靴に、酒をなみなみ注いで回し飲みする下品な遊び「行酒(シンジウ)」が流行した。
また、「纏足の女性は足裏に力が入らないぶん、股関節や骨盤が異常に発達し、膣圧も高まって性交時に男性へ強い快感をもたらす」という俗説も信じられてきた。

もうひとつの大きな理由は、女性を男性の支配下に置くのに好都合だったからだ。
纏足では歩行しづらく、外出や社会活動は制限され、女性は家屋敷に閉じこもりがちになる。家や父親、夫からの脱走も不可能だ。

※続きはソースで

https://courrier.jp/media/2020/11/31180310/dc3d31bb9b9b15ef845ac2e33b0c07f6-625x403.jpeg
https://courrier.jp/media/2020/11/31180445/ebe124e6848c0dc5917efd5c91e0d7c7-625x458.jpg

9 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 23:50:32.31 ID:JUDMLRgJ0.net
纏足って豚足みたいだな

20 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 23:56:08.30 ID:qR+0Kz0h0.net
>>1
こんな異常な風習が日本にあったか?という話

これで日本人とシナ人と同一視するのは狂ってる

71 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:11:22.89 ID:y+HpcjlI0.net
不合理なのはハイヒールも同じ。
ハイヒールで歩くって絶対無理や。
高いのが怖いし歩きにくい。
女は良くあんなの履いてるなって思うわ。

80 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:14:55.80 ID:nfpx2dXj0.net
>>71
ハイヒールで買い物してる日本女性を見てバカなのかと欧米人が言ってる

91 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:18:16.00 ID:4cw02qgp0.net
纏足もそうだが辮髪はどーなんだ?同じような奇習でしょ。
現代の外反母趾も同じだろうけどね。

100 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:21:18.53 ID:kdvl+lgx0.net
>>91
辮髪は満州族、正確には女真族(他にも一部の部族にも見られた)の風習でしょ

183 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:49:38.49 ID:UOIjYT/h0.net
エグいな
マジで豚の足じゃん
これがセクシーだったんだっけ?

184 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:49:38.49 ID:kDmXBwut0.net
いくら小さくても豚の足持ってこられて可愛さを感じるかと言われたら

246 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:04:36.32 ID:DQkJg8d50.net
シンデレラもアンデルセンの赤い靴の主人公も小さな足だよね
どっちも王子に見初められる程の美人、町一番の美人設定
この小さな足が持て囃される風習って中国だけじゃなかったと思われる

294 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:15:06.43 ID:vYjUkI5m0.net
(肉体労働)馬鹿の大足、間抜けの小足(よく躓いてそそっかしい)
普通が1番

305 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:17:33.41 ID:h/h+e1AR0.net
中国は今も昔もキチガイ

360 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:29:30.16 ID:jk7luATP0.net
対象になるのはいつも女側やな
男もチンコを奇形にさせたり強制的に身長のばす手術させたり
そういうのないんかなw

368 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:31:16.70 ID:xdDRJeCh0.net
>>360
アフリカのスカリフィケーション

323 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:21:17.64 ID:DmdmQG7i0.net
それにバレリーナの足もこんなんじゃん

375 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:32:12.86 ID:O2xWKg3F0.net
>>323
トウシューズな

109 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:23:46.26 ID:i1KZSxxw0.net
日本でも大足をみっともないとする価値観が老若問わず見られるな
スニーカーのレビューに大きく見えて恥ずかしいって書いてる女がいる

264 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:08:02.95 ID:tCsNZV4m0.net
>>109
今は逆じゃね?
甲高の子(日本人に多い)とか男女問わず
スニーカーだとシルエットの為にオーバーサイズとかのが多い

330 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:23:19.84 ID:O2xWKg3F0.net
>>264
合わないサイズにすると運動能力落ちるしケガのもと

344 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:25:57.68 ID:tCsNZV4m0.net
>>330
ファッションは我慢ですよ
ファッション重視のときのスニーカーと
運動時のスニーカーじゃ選び方変わりますよ

374 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:32:03.48 ID:tyf0Anom0.net
>>344
ピーコも言ってたな

384 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:33:17.80 ID:tCsNZV4m0.net
>>374
ヒールでオーバーサイズは無理よ
普通に歩けないw我慢のしようないw

25 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 23:57:04.86 ID:IMNTLvKu0.net
性的欲望って本能的なものと社会的に作られるものがあるの?

奇形な足や長い首に興奮することなんてないし

445 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:42:01.24 ID:RS8XUju20.net
>>25
纏足は臭気な要素も強かったと思う。

460 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:44:01.48 ID:tCsNZV4m0.net
>>445
逃走防止とセックスの具合が良くなると言われてるのと
男の見栄というかステータスでしょ
嫁を労働させなくていい身分の男ですっていう

380 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:32:53.92 ID:voTgN45T0.net
>>360
そういえば男でそういう話は聞いたことねーな
首長族だって唇おばけだってやるのは女だけやからな

414 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:37:00.51 ID:AmIdOq8V0.net
>>380
どの国も男が支配して女を選んで奴隷にしてるからだよ
生物学的には男が選ばれる立場なのに人間だけは逆

466 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:45:02.40 ID:1XDaB+5×0.net
>>414
鳥とかメスは地味なのにオスはド派手な種類が多いよな

573 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 02:04:33.22 ID:acdP06OP0.net
何かに似てると思ったらジョジョのサンタナか。

595 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 02:09:10.73 ID:UZnCTWwQ0.net
>>1
これは、むごすぎる。
損害賠償もんの被害だろ。

13 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 23:53:24.80 ID:I0LXcP8c0.net
魯迅の故郷に出てくるヤンおばさんで知ったわ

21 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/01(日) 23:56:12.32 ID:9hHKP6ci0.net
>>13
豆腐西施?

643 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 02:17:45.94 ID:aJYgrjOY0.net
>>2
>>1
【悲報】中国ビル厨、和歌山県民だった
https://i.imgur.com/MXlMSn7.jpg

惨め…

660 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 02:23:12.64 ID:zteEXl6x0.net
恐すぎ
絶対やりたくない…

148 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:39:48.06 ID:4NDNXPtX0.net
>>109
婦人靴のサイズは基本的に24.5cmまでだしね
26cmくらいまで普通にあればおしゃれの幅が広がる人も多いと思うのに

698 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 02:32:53.61 ID:FmxsXnGuO.net
>>148
今は大体25はあるけどね
25.5までも普通にある

55 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 00:05:15.39 ID:gAsbUp7k0.net
アフリカとかの女子割礼もそうだけどそれをしないと嫁に行けない
女として生きていけなくなると信じ込まされてしまってるんだよね
実に残忍でバカげた話

729 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 02:39:49.23 ID:hnkXd7vA0.net
>>55
ガチで仕事ないから嫁に行けないと生きていけないんだよな

549 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 01:58:42.91 ID:+w6FxIt30.net
>>1
こんな時代に生まれた女は不幸でしかないなあ
人類史上、今の日本に生まれた時点で勝ち組だと思う

569 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/02(月) 02:03:40.65 ID:AmIdOq8V0.net
>>549
勝ち組じゃないでしょ
むしろ女なら負け組
女ってだけで試験の点数減らされるのがつい去年まであった国だよ?
女性閣僚は何人?性犯罪の法律いつ出来たやつだと思う?
とにかく女の視点に立って政治なんか行われてないよ