【地域】ぼくの実話怪談・箱根・仙石原の怪

1:2019/08/26(月) 00:52:07.53 ID:lf8Cs8Ai9
さて、世の中は夏休みまっただなかである。お盆も目前、そろそろ各テレビ局が遠慮がちに心霊特番を放映する時期でもあるので、この『昭和子どもオカルト回顧録』もいつもと趣向を変えて、
今回と次回は「夏休み特別納涼企画!あなたの知らない世界〜箱根・仙石原の怪!」みたいな感じで、僕が小学生時代に体験した極めて地味な実話怪談をお送りしたい。

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/a/9/a9188_1587_f01a923854d2be460900db33f9087dbb.jpg

箱根・仙石原。広大なススキの野原や湿原が有名な箱根の名所。
現在は美術館なども多い高原のリゾート地になっているが、当時は宿泊施設なども比較的少なく、ものさみしい光景が広がるエリアだった。

最初に言っておくが、僕はまったく霊感体質ではないので、幽霊と確信できるものを目にしたことなど生まれてこの方一度もなく、この話のなかでも僕が直接心霊現象的なものを体験しているわけではない。
そもそも、これが怪談と呼べるのかどうかもわからないし、なんの資料性もない曖昧なお話なので、「肩すかし」は覚悟しておいていただきたい
読むだけ時間のムダかも知れないが、寝苦しい熱帯夜に蚊取り線香などを炊きつつ、古き良き「日本の夏、心霊の夏」を堪能するタシにでもしていただければと思う。

僕は一度だけ「霊媒師」を生業にしている人から「お祓い」なるものを受けたことがある。
両親に強制されて「霊媒師」宅の大きな一軒家に連れていかれ、そこのだだっ広い畳敷きの部屋の巨大な神棚(?)の前で、白と金色のド派手な着物を着た大勢のおばさんに取り巻かれながら、
家族ともども延々と続く「お祓い」の儀式を受けたのだ。記憶はあやふやで、すでに夢の光景のようにボンヤリしているが、長時間の正座で足がしびれたことと、
おばさんたちが声を合わせて唱えるお経というのか念仏というのか、奇妙な歌のようなものがひどく恐かったことだけは覚えている。おそらく小学校の2年生のころ、9歳の年の夏の終わりごろのことだったと思う。

40年前の夏休みの家族旅行で……
その年の夏休み、家族旅行で箱根に行った。箱根には毎年のように行っていたが、なぜかその年は親が奮発して、いつもの旅館ではなく、仙石原にある老舗の旅館に泊まることになった。
母親が言うには、夏の旅行シーズンにはめったに空室が出ない有名な旅館だが、今年は運良く予約がとれた、とのことだ。この旅館は40年後の現在も営業しており、あのころよりもさらに老舗としての格を上げているらしい。
ここでは名前は伏せるが、仮に「仙石原旅館」としておく。

旅行当日は父が運転する自家用車で出かけた。ところが仙石原に入ってから、ひたすら道に迷ってしまった。
目的の旅館はすぐ近くにある。有名旅館なので、そこら中に看板が出ている。
「仙石原旅館 1km直進」とか「仙石原旅館 この先300m左折」みたいな道順を示す看板がしつこいほどに出ているのに、なぜか途中でルートがわからなくなって通りすぎてしまう。
Uターンして再び看板に従って走ると、やはり道を見失って通り過ぎる。こんなことを1時間ほども繰り返してしまった。
あきれた母親が「なにやってるのよ? こんなに案内の看板が出てるのにどうして迷うの?」とイライラしだして、父も「しょうがないだろ! 看板がおかしいんだよ!」と応戦する。
車内がどんどん険悪になっていくので、僕は肩をすくめてヒヤヒヤしていた。

後日、ある「識者」から聞いた話では、もうこの時点で「ダメ」だったらしい。迷うはずのない道でやたらと迷う。
また、目的地に近づくに従って同行者の間でいさかいが生じるときは、すでに目的地そのものが「ダメ」なのだそうだ。
ただ、僕の父はもともと方向音痴で、運転中によく道に迷う。「ダメ」なのは目的地ではなくて、方向音痴の父だったんじゃないのかなぁ……とも思うが、
とはいえ、逐一道順を示す看板が立ち並ぶなかでのあの迷い方は、やっぱりちょっとどうかしていたのかも知れない……という気もする。

https://news.livedoor.com/article/detail/16942071/
2019年8月17日 20時15分 GetNavi web

https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/c/7/c7b15_1587_587d8a24ea47163115d04228bce13112.jpg
ホテルや旅館などが建ち並ぶ現在の仙石原。この話に登場する旅館はススキ野原から山道に入った高台に位置していた。現在も営業中である。

6:2019/08/26(月) 00:57:25.69 ID:qOyxUad30
雪見 オナニー
12:2019/08/26(月) 01:04:46.72 ID:lf8Cs8Ai0
ああいうものを見つけても、「見て見ぬふり」をするのが正しい対処法らしい。
親切心からでも触れてしまえば、「執着される」のだそうだ。まして、手を合わせて拝むなど、もってのほかなのだという。

というわけで、「前編」の冒頭で書いた大仰な「お祓い」を家族揃って受けて、ともかく一件落着と相成った。
結局のところ、芦ノ湖の卒塔婆の持ち主(?)である「武士の霊」が、情けをかけてしまった僕らに「憑いた」ために起こった「現象」だった……という説明を聞かされた。

しかし、当時9歳だった僕も、今の僕も、どうもこの体験の顛末を思い起こすとモヤモヤするのだ。
はっきり言って、僕は「霊媒師」の言葉を鵜呑みにすることができない。
だいたい「武士の霊」というのが僕の好みではない。なんだかあまりに通俗的だし、いかにも昭和のおっさんが思いつきそうな古典的怪談ではないか。
それに「霊媒師」の解釈によれば、元凶は僕が卒塔婆を拾ったことにあるというのだが、それでは芦ノ湖に行く前に僕が感じた「仙石原旅館」の不気味な印象というか、幻覚のようなものはまったく説明できない。
もしこの話に本当に「怪異」があるとするなら(すべては偶然と勘違いと風邪や食中毒による体調不良と説明することもできるわけだが)、
それは僕らが「仙石原旅館」に到着した瞬間にはじまっていた……としか思えないのだ。
うまく説明できないが、僕自身はあの旅館にこそ、なにかがあると考える方がシックリくる。そして、湖で折れた卒塔婆を拾うなどという、
いくらなんでもそうそうあり得ないような珍しい体験を僕がしてしまったのも、あの旅館のなにかが関係している……という感じがしてしかたがないのである。

誰か「その筋」の人に、もう一度この体験を再解釈していただければ幸いである。

14:2019/08/26(月) 01:07:40.57 ID:W3eJ5pX70
実話怪談つったら復讐のヘアヌード写真集とかでねえのか
15:2019/08/26(月) 01:08:00.84 ID:hVpIML660
仙郷楼か
17:2019/08/26(月) 01:10:54.04 ID:ZKFKfpe10
>>1
八九寺真宵「すいませんありゃりゃぎさん」
21:2019/08/26(月) 01:25:13.16 ID:ol5pooDy0
仙石原って迷うほど道が無い
湖畔にバカンスシートを広げたとあるが山奥に水が溜まったので
ほとんど水際は斜面
テレビで芦ノ湖やっても水際を歩くタレントが映らないのはそのせい
19:2019/08/26(月) 01:21:18.39 ID:JNAf3LJZ0
三行で
25:2019/08/26(月) 01:30:20.50 ID:kZXLgDoG0
>>19
幼少期
箱根の山で
初体験
27:2019/08/26(月) 01:35:13.65 ID:Xp/M1SGN0
40年前の体験話すのに僕とかいうな
ワシやろ
30:2019/08/26(月) 01:40:06.83 ID:+6eWD5sS0
え?自作してんの?
31:2019/08/26(月) 01:44:48.96 ID:Bv4LAlXW0
プラスはオカルト板になりました
32:2019/08/26(月) 01:45:08.43 ID:JvCP01Q0O
下らねえ
実に下らねえ
こんな昔でもADF、VOR、ロランをクルマに着けてる無線マニアなら
位置なんざ正確に分かるわハゲ
34:2019/08/26(月) 01:53:02.27 ID:km3zhK4Z0
俺の知っている仙石原の怪といえば、箱根の何でこんなところにっていう場所に
さびれたストリップ小屋があって、愛想の悪い受付のおばさんに金払って入場し
たら、そのおばさんがラジカセ持って舞台に現れた・・・というものなんだが。。。
36:2019/08/26(月) 01:56:22.84 ID:jQsBMn+U0
お化けよりクマのほうがこわい現実
49:2019/08/26(月) 06:02:55.29 ID:lWtlnACz0
>>19
こどおじ
40年
夏の思い出
51:2019/08/26(月) 06:42:10.25 ID:n1WtWH/x0
長いから閉じよっと
58:2019/08/26(月) 07:22:26.75 ID:LYyrpYgP0
長いから読んでないけどw
仙石原のススキは結構好き
秋になったらまた行きたいけど、子供はつまんないみたいだ
67:2019/08/26(月) 11:44:31.10 ID:hFuyimGB0
田舎行ってラブホ探す時に看板で良く迷う
71:2019/08/26(月) 12:20:53.13 ID:HhJSdSN80
ネットで意気投合して、現実に会ったら化け物だったので帰りたかった。
でもヤッちゃったら、可愛く思えるようになった。
化け物に見えたのは幻だったんだ。
って言う話なら、聞いたことがある。
73:2019/08/26(月) 12:21:51.56 ID:XR5/Obxe0
コレだけ長い文章でオチがないというのも全く持って怪談の才能がない
先日やってた稲川じゅんじのような怪談師グランプリの優勝者は非情に素晴らしかった
https://www.ktv.jp/kaidan/
74:2019/08/26(月) 12:23:45.34 ID:Z/NEJRLq0
家族揃って方向音痴だったというだけだろ
75:2019/08/26(月) 12:26:48.99 ID:HA+HtOSR0
うむ、>11-60 >70-74、

>1-10は、

小説 応化戦争記 ハルビンカフェ
小説 2055年の人類史
小説 東京デッドクルージング
小説 五分後の世界 ヒュウガウイルス
ゲーム エースコンバット インフニテイ
ゲーム バイナリードメイン
ゲーム 特務捜査官 レイ&風子 凍京ネクロ
アニメ シャングリ・ラ ウイッチブレイド
ラノベアニメ とある
ラノベアニメ 魔法科高校の劣等生
TRPG サタスペ! トーキョーノヴァ
漫画アニメ AKIRA 攻殻機動隊 Un-go
漫画 机上の九龍 真 机上の九龍

ここらな、小惑星の地球衝突やら、
グローバルテラ気候変動激化、
令和関東地獄大震災、令和南海トラフ超巨大地震、
朝鮮半島のペクトウ山カルデラ破局噴火、富士山などの、大噴火。

ここらなどでの、グローバルギガ飢饉から、
露中イスラムチョンの、
ユニオン圏 エルジア圏 汎大陸同盟機構圏が起こした、
露中印イスラムあたりでの核戦争、
ユーラシア複合大戦、ユーラシアマゲドン後。

これらグローバル複合破局で、
日本も、
慢性的オイルショック 慢性的狂乱物価、慢性的ブラックアウト、
大型取り付け騒ぎ 大型預金封鎖、
ここらの連発で、
都心部以外、昭和30年代前半レベルにまで、文明レベルが退行。

漫画アニメ ブラックラグーン
エスニック トロピカル バイオレンス
GTA-Japan、Fallout メトロ2033シリーズ。
ここらレベルの、荒廃した近未来日本の、
>1-10箱根に、迷いこんだんじゃねーのw

78:2019/08/26(月) 13:08:16.52 ID:aWaReQat0
方向音痴の父親につれられて旅館の裏口から入ったんだろう
古い旅館だけに裏口には昔からある近所の家や仲居さん住み込みの家があったとか
80:2019/08/26(月) 13:53:11.20 ID:MK2Pe3VJ0
旅館の裏口や隣接した従業員宿舎から方向音痴の父親と入ったんだろ。
元々、さいあく
81:2019/08/26(月) 14:13:23.90 ID:I1/ChVZD0
要するに世にも奇妙な物語ね
87:2019/08/26(月) 15:04:56.22 ID:6JHeJ/MA0
>>1

お前、口止めした秘密バラしたな、もう知らねーよ

90:2019/08/26(月) 15:12:24.61 ID:CS8xMqEB0
仙石原より10代の少女の首を洗った お玉ヶ池のほうが怖いわ
92:2019/08/26(月) 15:43:47.36 ID:t+NVIOPo0
>>90
普通にキャンプ場なのに
96:2019/08/26(月) 16:25:58.89 ID:DPFITmzu0
似た話を友人に聞いたがやはり真夏に長距離ドライブしてた
熱中症による一時的精神異常だろね