【歴史】「小作人を人間扱いにせよ」「小作人の生き血を吸う鬼畜地主を倒せ」 戦前の農村恐慌、先鋭化する小作争議 [樽悶★]

1 :樽悶 ★:2020/10/26(月) 19:19:08.81 ID:EsO4Evuz9.net
昭和初めの村の暮らしを絵にした秋田義信さん=2019年5月、青森市
https://www.fsight.jp/mwimgs/3/6/-/img_3602962606cc9f82dd651903c8e35b641380944.jpg

※省略

 果たして、故郷の現実はどうだったのか。1930(昭和5)年の農村恐慌、翌31年に始まる東北大凶作で、東北の村々には寒々とした枯れ田や娘身売りの光景があり、困窮した小作農民たちと地主とのさらに激しい争議が広がっていた。

■先鋭化する小作争議

「小作人から田畑をとりあげるな」「小作人を人間扱いにせよ」「小作人の生き血を吸う鬼畜地主を倒せ」――。

 1926(大正15)年、本州北辺の冷害常襲地にこんなスローガンを筵旗に掲げ、地主に対峙した青森県車力村(現・つがる市)の農民組合の話を本連載7回『津軽義民への道』で紹介した。大凶作でも収穫の4割もの小作料を頑として譲らぬ地主との闘いは、さらに先鋭化した政治闘争になっていた。

 戦前・戦後の青森の農民譚を記録してきた著述家、秋田義信さん(94)=青森市=は、昭和初めの騒然たる古里・車力村を多感な子どもの目で見つめた。

「小学生でランドセルやズック靴は地主の子ども1人。あとは風呂敷包みを腰に結わえ付け、男子は夏に裸足、冬も足袋だった。女の子は田んぼに出る親の手伝いで休んだり、弟や妹を学校の廊下で子守りしたりした。

 集落では農民組合が開く街頭演説会が盛んで、淡谷悠蔵(全国農民組合青森県連合委員長・戦後は衆議院議員)や青森の共産党の大沢久明らが我が家の前で熱弁をふるった。私が夕方の食卓で『われわれ労働者は……』と弁士を真似て、父親から怒られたものだった」

「地主は小作料を払えない農家の土地を取り上げようとし、農民組合がそれを阻止した。小作米不納で団結し、地主の手先が農家に催促に歩くと仲間で包囲し、地主の家に押し掛けた。ある尋常小学校では農民組合の人たちが子どもを学校にやらず、国定教科書の授業を受けさせない運動を始めた。

『アカ』といわれて首になった教師を連れてきて、お堂を教室に臨時学校を開いた。その読本の初めに『地主の子どもはゲンダカ(方言で毛虫)の子』とあったそうだ。小学校の朝礼には誰も来ないので、校長が烈火のように怒った。警察からは弾圧されたが」

 当時の労働人口の半分を占めた全国の農民の負債は、1931年7月の農林省の推計で約60億円(現在の約10兆800億円)、1戸当たり約1060円(同約190万円)で平均年収を上回り、1912(明治45)年の推計との比較で8倍余に急増した。革命前夜のような車力村の様相は、もはや起つしか手段のない農民の絶望の現れだった。暴力で潰そうとする地主との衝突も各地で頻発した。

〈厖大化する農民負債の相當部分は高利貸しあるいは寄生的地主からの法外な高利率をもっておこなわれ、このことがさらに農民經濟を壓迫し負債を累せしめた〉

〈農業恐慌の激化は、農業危機を一層具體化し、國家權力をかつてない動揺にみちびき、なんらかの補強工作を必要とするまでに、半封建的な農村社會機構を震駭せしめた〉(白川清「昭和恐慌下の農村財政」=『農業総合研究』1951年第2号所収=)。 

 海軍将校や茨城県の農民らが「農村救済」を掲げて起こした五・一五事件(1932年5月15日)の後、殺害された犬養毅首相の後任の斎藤實首相(退役海軍大将)は、全国から殺到した農村救済請願の運動を受けて開いた第63回議会で、

「諸君、不況困憊の難局に直面して、農山漁村及中小工業の窮状に對し、之が匡救(きょうきゅう)策を講ずることは、今期議会の使命であります」

 と演説する。 

 農村匡救事業は3カ年で国費約5億円(現在の約9000億円)に上るが、満州事変を背景に、

〈「時局匡救に名を借りた軍事費」の支出を含んでおり、さらには匡救事業費中首位を占める内務省匡救豫算には「軍事國道費」あるいは軍港湾費が含まれていたのであった〉(前掲白川清論文)。

 この年、国家歳出の35%を占めた軍事費は翌々年43.5%に拡大。匡救事業を圧迫し、3年で打ち切りとなる矛盾を生む。

 最も優先すべき地主制の改革は避けられ、最後は「農村部落ニ於ケル固有ノ美風タル隣保共助ノ精神」で農民の奮起を促す「自力更生」運動が推し進められる。(続きはソース)

2020年10月24日

11 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:23:32.95 ID:a817+iUq0.net
地主といっても同じ百姓なんだけどね

14 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:24:35.70 ID:54u3tRsf0.net
本来なら飢饉の東北に投入するべき金を朝鮮半島に投入してたんだよな

21 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:27:10.69 ID:WWi+t1B/0.net
>>14
そして東北の農村の娘達が売られて慰安婦になって、そのぶんの補償を朝鮮半島にしたんだよね。
安倍が。
自民党ニセネトウヨが総出で支持してたねw
異論は許さなかったw

30 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:28:44.14 ID:aM4h/Ekm0.net
満州で農地改革の先鞭やったの岸信介さん
戦後日本に適用したわけだ

24 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:27:32.35 ID:aM4h/Ekm0.net
農地改革も国民皆保険も国民年金も最低賃貸制度も

みんな岸信介さんのお陰

36 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:30:32.93 ID:WWi+t1B/0.net
>>24
農地改革のどこがどう岸のお陰なの詳しく教えてねえ詳しく教えてwwww

35 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:30:26.24 ID:HjiUZ/EE0.net
ジャップは百年前も同じことしてたのね

39 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:31:28.76 ID:54u3tRsf0.net
>>35
これが無かったら君らは今も土人やってるよ

46 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:34:35.36 ID:lGBW2i9g0.net
小作→派遣
地主→派遣会社
って置き換えてみ?w

47 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:35:07.59 ID:YS6+5fTR0.net
革命が必要

52 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:37:17.59 ID:3y91ZpjW0.net
小作人に高額の小作料を課すことで極貧状態にして
その子弟を財閥企業が低賃金でこき使い、娘を性産業に流した
不満を訴えると憲兵や特高が容赦無く連れ去った
これが庶民から見た戦前の日本

79 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:47:03.41 ID:mnkfbyYr0.net
>>52
地主から見たら、
突然よその土地から現れた農民が

小作人 「その土地、私に貸してください。地代を払いますから」
と言って農作物を作ったにも関わらず、地代を支払う時期になるとなんやかんや言って支払いをごまかす外道だらけだぞw

サラ金ローンでお金を貸したサラ金のほうが悪いようにマスコミは流しているけど、
実際はサラ金にお金を借りる方がクズだろw

83 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:48:51.86 ID:6DAiFupF0.net
>>79
それは違う。小作人は借金のカタに田畑取られちゃった人だよ。
昔の農村によそ者が入り込むのは無理。

84 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:49:03.23 ID:7OgZFhTD0.net
世界に通用する農業なんてことは不可能になったけどな

3 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:20:27.63 ID:72FtZbM20.net
戦前は気の毒やけど
いまは肉屋を支持したブタに報いを受けてるだけやからなあ😐

87 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:50:28.07 ID:x0udWMah0.net
>>3
ところがどっこい、今でも冷害はあるんだぜ
タイ米騒動のとき(1993年)、青森県の南部地方の作況指数は0だった
100年かけて冷害に強い品種を開発してたのに、全く実が付かなかった

江戸時代の記録を見ると、2年連続実りなし、ってのがザラにあるから、
それよりはマシだろうけどw

72 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:45:12.73 ID:fQaN7Iky0.net
自民党が取り戻したがっている戦前日本の姿だな
非正規は現代の小作人

80 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:47:20.06 ID:C8LghZrT0.net
>>72
偽装請負とかは近いかもね。
偽装請負を自民党が推奨しているようには思えないけど。

94 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:52:25.11 ID:8y3SzPtv0.net
>>80
自民党は派遣奴隷や外国人実習生奴隷推奨ですよね

114 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:58:07.13 ID:C8LghZrT0.net
>>94
政府は派遣制度を支持しているけれど、同時に正社員になることを薦めてもいるぞ。
中小企業でもいいから正社員になれば良いのにならない人が多いんだよね。
中小企業は天国ではないだろうけれど、そこで幸せにやってる人も多いのだから地獄でもないだろう。
なんだかんだいって派遣にも魅力があるのかもしれないね。

126 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:01:26.68 ID:1qv/VY9I0.net
現代の派遣

132 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:03:10.61 ID:5KOWuBB40.net
>>24
CIAのエージェントが何だって?

148 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:08:21.94 ID:utlFbcE20.net
小作を甘やかした結果が今の農業の衰退だぞ

63 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:41:57.59 ID:Jqaoy+q30.net
おれのひいじいちゃんなんて大工の息子で裸一貫から自腹で村ひとつ開拓して入植させたのに農地解放で全部パー

93 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:52:11.47 ID:C8LghZrT0.net
>>63
そうは言いつつ全然のままなら後継ぎと分家してもらえた次男三男以外は使用人以下。
俺も本家は網元だけれど次男の三男の次男だから家から出たければ兵隊にでもなるしかないところだった。

102 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:55:05.07 ID:mnkfbyYr0.net
>>93
>家から出たければ兵隊にでもなるしかないところだった。

あんた何歳だよw

123 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:00:48.51 ID:C8LghZrT0.net
>>102
すまん、戦前のままならの打ち間違い。
今が戦前のままならね。
丁稚に出るという道もあるだろうけれど兵隊のほうがなりやすそう。

140 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:05:11.48 ID:6DAiFupF0.net
>>123
戦前の農民が現金所得を得るためには、フツー大工とか鍛冶屋とか職人になったんだよ。
兵隊に行くッツーのは、大日本帝国最大の官庁、陸軍省の職員になるッツーことだw。
兵隊は公務員だよ。

150 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:08:58.85 ID:C8LghZrT0.net
>>140
うちの田舎は志願兵になった人もそれなりにいるよ。
親類でもいるよ。
もちろん崇高な志からとかじゃない。
まあ丁稚や見習いという方法があることはもちろんだけどね。

118 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 19:59:11.97 ID:zmOBc6Dv0.net
小作人だった頃左寄りだった人達は自分の土地を得た途端右寄りになったそうな

156 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:10:54.70 ID:zPzsnJyt0.net
>>118
> 小作人だった頃左寄りだった人達は自分の土地を得た途端右寄りになったそうな

世の中そんなもん すべては利権の奪い合い

179 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:21:12.55 ID:sHKcJ+nH0.net
カムイ伝みたいな話

178 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:21:10.15 ID:OapbHW6p0.net
うちも江戸時代から極悪庄屋だった上にこういうのもあって地元民にクッソ恨まれてたから戦後に村から出て行ったなんて聞いたな
今にして思えばご先祖様の墓はどうしたんだろうか

184 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:23:03.44 ID:6DAiFupF0.net
>>178
庄屋だから、地主だから金持ちってワケでもないんだぞw。
ウチの在所の庄屋は金が無いので有名www。

203 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:34:18.59 ID:XHOVfg1M0.net
血盟団もこの頃やろ
銀行頭取の団琢磨を始末したのは茨城の百姓だった
(´・ω・`)

218 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:41:45.68 ID:0qml6XUm0.net
それから100年後
小作人のところが技能実習生に変わっただけでした

229 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:45:28.90 ID:Qvby3z7a0.net
>>218
広義で考えれば資本家と労働者の関係で100年経ってもまったく変わってない

239 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:48:24.37 ID:E3g7m2BM0.net
ソ連崩壊で共産圏の覇権が衰退して新しい世界秩序の始まりを宣言したのがジョージブッシュ大統領
新自由主義の時代の始まりを宣言してグローバル経済が世界で広まった
アメリカは日本が赤化する事が無くなったので貧困層の顔色を伺う必要も無くなったから大企業や富裕層優遇の政策を年次改革要望書で日本に改革を求めた
それが今の日本

210 :ニューノーマルの名無しさん:2020/10/26(月) 20:38:37.70 ID:S+1eYgmJ0.net
右も左もそれぞれのナントカ史観を持ってて、そいつに事実を捻じ曲げてはめ込む作業をするのは同じやね