【歴史】戦艦「大和」の3連装砲塔は、砲塔ひとつで駆逐艦1隻よりも重い。ケタ外れの巨大砲塔を動かす意外な力とは

1 : 記憶たどり。 ★[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 14:24:24.57 sUERjKXv9.net

砲塔ひとつで駆逐艦1隻よりも重い

日本が生み出した世界最大の戦艦「大和」は、搭載するものの多くがビッグサイズです。
そのなかでも最も大きく目立つのは、45口径46cm3連装砲塔でしょう。大和型戦艦はこの3連装砲塔を3基搭載しています。

この45口径46cm3連装砲塔は砲塔1基あたり約2500tあります。太平洋戦争期における旧日本海軍の駆逐艦が
おおむね排水量2000トンですから、数字のみを一概には比較できませんが、ケタ外れの重さであることがわかります。
こんな大重量の砲塔をどうやって動かしていたのでしょうか。

そもそも、なぜ「大和」の主砲塔がこんなに巨大なのかというと、46cm砲を3本まとめて搭載し、その下の艦体に
埋め込まれている部分に弾薬庫や給弾システムを備えているほか、敵戦艦との打ち合いで敵の砲弾をはじくだけの
ぶ厚い装甲をまとっているからです。

この装甲は、砲塔上面が最も厚いように思われますが、いちばん厚いのは砲塔下部、艦体との接続部分で、ここは560mmもの
厚さがあります。さすが世界最大の戦艦というべき装甲厚ですが、それゆえに約2500tという途方もない重さなのです。

この重く大きな砲塔を動かすために、「大和」は駆動方式に水圧を用いていました。とはいえ「大和」に限らず、
太平洋戦争で用いられた日本戦艦は全て水圧式でした。出力と信頼性の面で当時、最も優れていたのが水圧だったからです。

戦艦の砲塔に水圧駆動が適しているワケ

2019年現在、大きなものを動かすには電気モーターや油圧が用いられることが多いですが、大出力の電気モーターが普及したのは
第2次世界大戦後になってからで、大戦前は世界的に水圧もしくは油圧を用いていました。

「大和」が建造されたのと同時期のアメリカでは、戦艦の砲塔駆動に油圧も使われるようになっていました。しかし、日本では
オイル漏れを防ぐシーリング加工などの工作制度が低かったため、油圧式の導入は軽巡洋艦や駆逐艦クラスの小型砲塔に限られました。

重巡洋艦以上の大型艦には、技術的に確立され、なおかつ漏れても問題のない水圧式が多用されたのです。

ただし水圧式といっても、動力の源は蒸気タービンエンジンです。主機関として艦中央に搭載した蒸気タービンで発生した力を
水圧ポンプに伝達し、このポンプを動かすことで砲塔各部を動かしていました。

水圧式の場合、内部には真水が充填されますが、油圧式だと漏れたオイルに引火する恐れがあるのに対して、
水であれば引火の問題はありません。また漏れても真水は蒸発していくため、水量さえ気にして減ったらその都度補充すれば済みます。

さらに普段は、錆などメンテナンス性の観点から普段は真水を使っていましたが、戦闘などでポンプが破壊され、内部の水が少なくなったら、
非常措置として海水を用いることができました。これらのメリットから、戦艦「大和」は駆動方式を水圧としたのです。

2019年現在、海上自衛隊の護衛艦が装備する主砲は、76mm単装砲や127mm単装砲ですが、これらは全て電気油圧式です。
これら単装砲のなかで最も重いのは、はたかぜ型護衛艦が装備する54口径5インチ単装速射砲で重さは約67t、約2500tもの
重さがある戦艦「大和」の45口径46cm三連装砲塔と比べると40分の1以下の重さです。

戦艦「大和」は、この砲塔を3つも搭載していたのですから、やはりその大きさはケタ違いだったといえるでしょう。

進水後の1941(昭和16)年9月20日、呉で艤装中の「大和」。艦後方から撮影しているため、写真の砲塔は後部の3番砲塔(画像:アメリカ海軍)。
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggF6Lf5D43CzxgZRewqBN8lw---x900-y719-q90-exp3h-pril/amd/20191201-00010000-norimono-000-view.jpg

1942(昭和17)年8月に撮影された大和型戦艦の2番艦「武蔵」。砲身1本あたり166tあった(画像:アメリカ海軍)。
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggQrTAyENP0ZMFlrvGk7HV3w---x900-y603-q90-exp3h-pril/amd/20191201-00010000-norimono-001-view.jpg

前スレ

1が建った時刻:2019/12/01(日) 08:31:43.74

3 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 14:27:44.25 9ZiGmF310.net
朝鮮人の労働者と少女象による人力による回させてたました
16 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 14:37:50 YXJEj6z30.net
大艦巨砲
敵戦艦の射程外から主砲でボコる
敵戦艦からの攻撃は厚い装甲で防ぐ
沿岸から敵都市を艦砲射撃でボコる
90 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 15:10:41.61 ID:3l8TrGTh0.net [1/3回]
大和って結局どんな活躍したの?
94 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 15:12:06.90 ID:YkOA8zLh0.net [5/17回]
>>90
司令部としては快適だったみたいよ?空調も効いてたし
95 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:12:15.33 ID:vS4TFoPB0.net [9/25回]
>>90
トラック泊地で武蔵と共に駆逐艦の乗員に風呂提供したりサイダー飲ませてあげたり大活躍した
103 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 15:15:53.86 3l8TrGTh0.net
>>94
>>95
戦果なしかよw
64 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 14:59:28.40 ID:si8EHMUK0.net [1/1回]
大和型全部やめて代わりに金剛型をあと10隻造ってれば善戦できた可能性もあるのでは?
93 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:11:57.89 ID:sUERjKXv0.net [1/2回]
>>64
正解は、「大和と武蔵を作る予算でもう一つ機動部隊を作る」だっただろうけどな。
116 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:19:59.81 TkPNMnUB0.net
>>93
大和、武蔵を信濃形空母にして
巨大空母三隻にすればよかったな。
130 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:24:23.87 ID:y4dmuLCH0.net [1/3回]
長門って空母はたしか大和武蔵と本体が同じだったな
大和型を三体作るはずだったが一体は空母に変更
それがたしか長門
135 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:25:58 y42YUZe/0.net
>>130
それ、信濃じゃね?
170 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:41:36.08 xUnFUegT0.net
あんなバカでかい軍艦を沈没させた米空軍は興奮しただろうな
沈めた後は大喜びだったろう、小国日本は身の丈にあった軍艦を作るべきだった
172 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 15:42:15 ID:Kb2wVJOM0.net [1/1回]
>>1
大層なことのように語ってるが

内容は日本の技術力が低くて
油圧が使えないから
古い水圧しか出来なかっただけ

200 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:57:24 iqMUk+630.net
>>172
さらに言えば、当時の戦艦主砲の旋回駆動方式が何であろうと
フネの総合的な戦闘力に目に見える差をもたらしたのかっつうと???
技術屋やオタクには興味深い部分なんだろうけど、ニュースとしてどうなんだろ

要するに、今頃になって急になんなんだこの記事は?

194 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 15:52:56 ID:c3Ua1/gv0.net [6/8回]
>今の米海軍の旗艦って強襲揚陸艦やろ?
いや多少兼ねてるけど正確には違う
強襲じゃない
214 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:06:21.35 z4Vg6svq0.net
 

>>194
な、米軍のそれだろ

日本の「いずも級」 は、上陸用舟艇 
も収容することができない!

無様 に使えないんだけど!

日本国憲法をわざと曲解し、戦意も全く無し!

 

164 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:39:32.64 ID:6mSfNCWS0.net [1/3回]
大和ってレイテで護衛空母撃ったあと、魚雷に回頭したら両舷に挟まれて並走してしまい、どっちにも舵切れなくなって何kmも直進して戦域から離れてしまったっていうけど
速度落としてやり過ごすってできなかったの?
219 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:07:52.48 ubJdecJs0.net
>>164
戰場で機關停止しても攻撃されないのなら止まつたんだらうがねえ(呆れ
261 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 16:24:16.88 u0NRrJs60.net
そんな頭悪い田舎者だった奴らが昭和になると戦艦作れとかいって威張り倒してんだよねそして全滅wマジカッペウケるw
277 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 16:28:51.44 2CMlhuNf0.net
駆逐の方が役に立つね
180 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 15:45:49 ID:mtH6UszM0.net [1/5回]
>>170
>あんなバカでかい軍艦を沈没させた米空軍は興奮しただろうな

沈めたのは海軍の護衛空母艦載機
艦載機を出したから防空に隙がでて
菊水特攻作戦で何隻か沈められている
大和は特攻の陽動作戦だったんだよ

224 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:10:02.31 ID:mtH6UszM0.net [2/5回]
>>198
武蔵がレイテで沈んでから鈍足な大和も沖縄までは辿り着けないと海軍内では誰もが思っていた
沖縄に到達して砲台として攻撃なんて夢物語

しかし大本営の「大和は何をしているんだ?」の圧力下で
特攻作戦用のおとりとして沈没覚悟で出撃した

244 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:19:17 ID:ILCr0Os30.net [8/15回]
>>224
偶然にせよ雲が低空に垂れ込めていたので本気で沖縄突入をする気であれば煙幕展張するなどして逃げ切れた可能性は少なくなかった
ところが負け癖の着いた某参謀長や開戦責任を取らせるため特攻部隊の長官に任じられた某氏は端から死に場所扱いだったのでまったく無頓着に突っ込んでいった
小沢長官は自己責任を認めつつ多少の成算はあったと反論はしている
251 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:22:26.75 ID:mtH6UszM0.net [3/5回]
>>244
レーダー探知する米軍に煙幕なんて無意味
潜水艦にやられるか航空機に攻撃されるだけ
万に一つも沖縄到達の可能性は無かった
279 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:29:34.67 ILCr0Os30.net
>>251
対艦攻撃用の近接レーダーなんぞ当時の米軍は持ってなかったぞ
急降下爆撃隊は視認できる高度があまりに低いので非常な勇気を振り絞って訓練したことの無い超低空爆撃を強いられた
雷撃は多少マシだが煙幕に阻まれれば命中数が減って転覆を免れた可能性はある
207 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:03:06.46 ID:T9ltt8Uu0.net [1/9回]
大和が無用の長物は結果論
大和の建造計画が立案された昭和初期は空母は補助艦艇扱い
同時期にアメリカもアイオワ級の建造計画を立案してる。
215 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:06:27.51 ID:kqoe1iSa0.net [1/19回]
>>207
アホでしょ
結果論でもなんでもないわ
実際、山本五十六などは大和建造に反対している
当時でも反対する先見の明のある人はいたんだよ
それを無視してこんな無駄なものを作ってしまった
当時の日本軍の愚かさの象徴だろ
238 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:16:33.68 ID:iqMUk+630.net [7/21回]
>>215
大和不要論唱えたころの山本の立場は航空本部長
海軍航空の地位向上のためにそら言うわな
で、GF長官になってからは「指揮艦として必要っすね」と、適当に日和ってる
巨大組織に生きる大人だったってことさ

だいたいソ連ですら新型戦艦建造計画をブチあげている海軍条約明け時代に、
列強でただ日本だけが戦艦建造レースに乗らないだなんていうのは、無責任な後知恵としか言いようがない

253 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:23:06.94 ID:kqoe1iSa0.net [3/19回]
>>238
だからそうやって「他もやってるから俺たちもやろう」って感覚が
「愚かさの象徴」だと言ってるんだよ
日本みたいな国力の小さい国が他の大国と同じ土俵に登ったら不利になるに決まってるだろ
そこらへんを考えるのが当時の日本軍がやるべきことだったんだよ
実際山本五十六みたいにわかってる人もいたわけだし
これを「後付」とか言い出したら
すべての決定が「後付の結果論」で許されてしまうわ
280 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:30:07 ID:iqMUk+630.net [9/21回]
>>253
他所がまだやってないことや、実証されていない理論に国運を委ねようなんて言うのは
何の責任もない子供か部外者、あるいはヒトラーのような独裁者にだけ許されたことだよ

軍組織とは国の最後の守りを担うが故に基本的に保守的なものだし、そのほうが国民も安心するし
外国からも侮られにくい

295 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:35:32.02 ID:kqoe1iSa0.net [6/19回]
>>280
まさに敗者、愚者の言い訳だね
負けたやつはすぐ「仕方なかった」みたいな言い訳するんだよ
結局、当時の日本軍が愚か、傲慢だったってことでしょ?
謙虚な姿勢があれば反対する人の意見にも耳を傾けたはず
342 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:48:38.23 iqMUk+630.net
>>295
賢者に耳を傾けた結果が、新造大型正規空母2隻の同時予算化であり
大型優秀商船を戦時に空母へ改装するための下拵えであり、
開戦時点で間違いなく世界最強であった空母艦載機群だったんだろ?
あの当時でここまでやって何が不満だ?
日本が愚者なら、他の国は輪をかけて愚かだったんだが
350 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:51:22.87 ID:hEY3TaTO0.net [1/8回]
大和って敵に何発当てたの?
358 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 16:56:41.68 SFu84ZR50.net
>>350
ガンビア・ベイに他の艦と集中射撃を浴びせて戦闘不能にしたが
命中弾が大和のものかは不明
403 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 17:10:31.12 ID:niVLVLrr0.net [3/5回]
ハワイ奇襲は奇襲なのに日本は10%も損失出し
日本本土空襲では待ち構えているのに米軍に3%しか損害を与えられなかった。
VT信管以前に終わっている。
406 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 17:13:24.44 ID:niVLVLrr0.net [4/5回]
>>403
アメイカの戦艦に攻撃をかけるのは殆ど自殺行為で生還率はゼロに近い。
逆に、米機は大和の対空機銃員を機銃でなぎ倒しながら制圧した。
414 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 17:15:58 ID:H/btENNJ0.net [7/22回]
>>406
アメリカの戦艦に特攻して舷側をほんの少しへこましただけの
ゼロ戦パイロット可哀そすぎ
427 : 名無しさん@1周年[sage] 投稿日:2019/12/01(日) 17:20:48.78 YkOA8zLh0.net
>>414
ミズーリ右舷にもいい感じのくぼみが出来てて、今ではいい観光地になってる
311 : 名無しさん@1周年[] 投稿日:2019/12/01(日) 16:39:12.45 ID:HlDfj9sW0.net [6/15回]
少なくとも戦艦の有用性が否定されていない段階では戦艦を作らないわけにもいかない
軍縮条約のおかげで戦艦が新造できず既存の艦は旧式化しているわけだから新型の戦艦は必要になる
それが大和型のような巨大戦艦である必要があるかどうかは別にしてもね
航空機に注力するにしてもあの時点で戦艦を作らないという選択肢はありえないと思うが