【軍事】刀?鉄砲?意外に知らない、戦国合戦の主力兵器 戦国合戦と城攻めのリアル(8)★3 [人気者★]

1 :人気者 ★:2020/11/06(金) 23:39:22.87 ID:GKP4HqJv9.net
刀?鉄砲?意外に知らない、戦国合戦の主力兵器
戦国合戦と城攻めのリアル(8)
2020.11.6(金) 西股 総生 生活・趣味 歴史

 ・『長篠合戦図屏風』(部分)(Wikipediaより(ママ))
https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/e/f/600m/img_ef1078c39867e3ec407fa5e9273793571261327.jpg
(城郭・戦国史研究家:西股 総生)

JBpressでの連載をまとめた『1からわかる日本の城』を発刊した西股総生先生が、知っているようで知らない、戦国武将の真相や、戦国合戦のリアルな様相を解説するシリーズ。
今回紹介するのは戦国時代の主戦力。織田信長の桶狭間や長篠の合戦に見られるように鉄砲と思われがちだが・・・武将たちは何を持ち、戦場へ出たのか?(JBpress)

〓数が揃わなかった鉄砲
 前回、織田軍の鉄砲隊は長篠合戦の主役ではなかった、という話を書いた。信頼できる史料から分析すると、戦国大名の主力軍でも、鉄砲の装備率は全体の2割に満たないことがわかる。
鉄砲は、戦場の主役になるほど数が揃わなかったのだ。

 では、戦国時代の主力兵器は何だったのだろうか?

 もともと、武士が持つ武器の代表は弓矢であった。源平合戦の頃には、武士としての生き方を「弓馬(きゅうば)の道」などと呼んだし、
戦国武将たちが書いた手紙でも、戦争のことを「弓矢」と言ったり、武将のことを「弓取り」と呼んだりしている。

 けれども、その一方で戦国時代には、戦場での活躍のことを「鑓働き」、敵陣に真っ先に乗り込む手柄を「一番槍」などと呼んでいる。
戦国時代には、武器の中で槍の存在感が高まっていたようだ。では、槍はどのくらいのウェイトを占めていたのだろう。

 実は、軍勢の動員システムにかけては、織田信長よりも北条氏や武田氏といった東国大名の方が、格段に先進的であった。
北条氏や武田氏は、家臣たちの知行高を台帳によって正確に集計し、これを元にして動員すべき兵の数、持参する武器の種類と数量を、家臣の一人一人に対して割り当てる体制を整えていたのだ。

 対する信長は、そのような「数字による管理」を行った形跡が、まるでない。どんぶり勘定でやっていたとしか思えない。
たとえて言うなら、北条産業や武田興産は会計システムを導入しているけど、織田商店は、まだ店先に吊したザルから現金を出し入れしている、みたいな話なのだ。

 さて、先進的だった東国大名たちが残した史料を見ると、槍の装備率はおおむね4割〜5割くらいに達する。
この場合の槍は「長柄(ながえ)」と呼ばれる、5〜6mもあるもので、足軽や雑兵といった身分の低い兵たちが装備したものだ。

 ・月岡芳年画「芳年武者无類 山中鹿之助幸盛」(Wikipediaより)【略】

 ドラマなどでは、そんな長い物を撮影現場で振り回すわけにはいかないから、野外ロケでも2mくらいの槍で済ませている。
しかし、陣笠&腹当てスタイルという、ドラマでよく見る足軽たちが持っていた槍は、本当ははるかに長かったのだ。

 一方で、史料には「馬上(ばじょう)」と表される兵たちがいる。「馬上」というと、騎兵をイメージする人も多いと思うが、戦国時代の場合は「馬に乗って従軍する武士身分の兵」という意味で、騎兵ではない。
戦国時代には陣地戦や城の攻防戦が多かったので、「馬上」の者も歩兵として戦う場合がほとんどだったからだ。この、武士身分の兵たちは、もう少し短い4mくらいの槍を装備していた。

 「馬上」は軍勢全体の2〜3割くらいを占めるのが普通だから、長柄部隊とをあわせると、戦国時代の軍隊の過半数は槍を装備していたことになる。

 戦国時代の主力兵器は、間違いなく槍だったと言ってよい。

 槍が戦場で使われるようになったのは南北朝時代の頃からであるが、鎧に対する貫通力がすぐれていたため(ママ)、戦国時代には急速に普及して、主力兵器の座を占めるようになったのである。

●西股総生『1からわかる日本の城』好評発売中!【略】

もっと知りたい!続けてお読みください
長篠合戦の主役は織田軍の鉄砲隊ではなかった?【リンク略】

1 2020/11/06(金) 13:02:13.36 
★2 

12 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 23:51:21.79 ID:i3xY/uyw0.net
投石こそ最強の攻撃

26 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 23:59:41.04 ID:9AnQ8mCp0.net
真田幸村の次男は石合戦で死んでいるらしいよ
手投げだけじゃなく投石器を使って投げ合うらしい

15 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 23:52:54.87 ID:PqX2FBYs0.net
5メートルの槍って当てにくそうだな

31 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:02:03.39 ID:s0C8ONHm0.net
>>15
簡単に避けられないように十文字槍が発明された
万が一避けられても勢い良く手元に引けば背後から攻撃される事になるし万能

8 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 23:48:54.39 ID:ul8+s+/20.net
刀はほぼ装飾品だったって見たな
財力アピールするためにいい銘柄のを持つとか
戦国時代が終わってから剣術(今で言う剣道みたいなもん)が世に広まったとかなんとか

13 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/06(金) 23:51:54.13 ID:wzjicP910.net
>>8
剣の達人は芸人扱い
集団戦だからね

35 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:04:16.32 ID:Rcn0tEK90.net
>>13
今の護身術の師範か格闘家みたいな扱いなんで今の言葉で芸人というと語弊がある
治安が悪い当時にあっては偉い人からも一定のニーズはあった

56 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:18:07.37 ID:DrqkoVjs0.net
合戦の後の死体ってどうしてたの?

63 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:21:05.68 ID:Xv7L3BSG0.net
>>56
基本、放置で自然に肥料になっていたんじゃないだろうか?

64 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:22:05.96 ID:DrqkoVjs0.net
>>63
衣服や骨はどうなるんや?

67 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:25:32.32 ID:Xv7L3BSG0.net
>>64
自然に土に還っていったんじゃない?

69 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:27:26.82 ID:TwIiXLRV0.net
弓もコスト高いってなんかで読んだな
だから合戦の後で拾い集めてたとか
なんで読んだだ

73 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:29:04.91 ID:EFILS+dp0.net
>>69
弓道の矢はほんと高かったよ。6本セットで安いので数万円したわ。
あれに刃がついてるんだからもっと高いんやろね。

82 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:36:06.52 ID:dd+gWX0/0.net
>>1
でも織田軍の方が大軍投入できたからな
動員名簿よりも戦では数が大事だから

90 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:41:54.31 ID:Xv7L3BSG0.net
>>82
今やっている大河でも、斎藤道三が言っていたが
織田は港をもっている、それが織田の財力の源だと
尾張半国しか支配していなかった織田信秀が
御所の塀の修理をしたり、美濃に攻め入ったり
今川と戦っていたんだから、父親の代で相当な財力があったんだろう
それが信長の強さの本質だよな

93 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:44:00.57 ID:TwIiXLRV0.net
>>90
桶狭間戦記って漫画だと信秀の財力に注目してて、へーってなったな
まああんま戦国詳しくないからフツーに言われてたんだろうか

111 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:03:56.09 ID:yzOx3eMe0.net
武士は切れたら馬投げつけ合ってたからな

68 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:25:55.74 ID:EFILS+dp0.net
鉄砲隊2割てよく考えたら前衛に配置するんやろし充分な気もしてきた。
前衛:鉄砲 前衛補助:弓矢なら近づけんやろ?
側面や鉄砲ないところは槍部隊で壁役やな。

84 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:36:50.64 ID:fL2rBwSa0.net
>>68
当時の鉄砲って意外と射程距離短かったらしいよ
まあ、その頃にはライフリングの技術とか無いしな
現代の鉄砲でも有効射程はスラッグで100mライフルで300mくらいだよ
アメリカのガイジ銃だと2km離れた相手をバラバラに出来るらしいけどね

115 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:05:54.80 ID:s0C8ONHm0.net
>>84
射程が伸びるようになったのは19世紀に円錐弾発明されてからだしね
当時のまん丸の弾じゃ空気抵抗のせいで射程伸びない上に遠距離じゃ命中率低いから、致命傷与える為にはかなり近距離まで接近しないといけなかったらしい

125 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:19:42.82 ID:fL2rBwSa0.net
>>115
猟銃の弾は弾丸に切り込み入れてあってね
風圧で回転するようになってるよ
これがエグい威力でな
シカの顔が吹っ飛ぶよ

130 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:24:37.30 ID:JM5gAopX0.net
刀は格好いいけど、浪漫でしかないのかもな。
刃こぼれしやすい薄い刃をあんなに長く造るのが、そもそも尋常じゃ無い。

124 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:17:24.03 ID:b47byKNr0.net
敵地 ←先陣衆 ←本隊 ←小荷駄(陣夫)

先陣衆=少数精鋭(手練れ)
本隊=雑兵混じりの大軍
小荷駄=動員された農民

という風に戦うのは主に少数精鋭の先陣衆
農民が戦うと思ってるのはエアプ

133 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:34:50.53 ID:/jNM9Cjg0.net
>>124
信長以前は農民兼任だったろ?

86 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:39:26.73 ID:lm8ZbzEY0.net
>>84
殺傷距離200
確実殺傷距離50

107 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:55:43.67 ID:fL2rBwSa0.net
>>86
200mもやれるもんなのか?
銃工の人に聞いた話が射程短いって話なんだけどね
腕利きなら行けるのかな?
空気銃でシカを射殺した人も居るらしいから腕が良ければ行けるのかもな

113 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:05:12.21 ID:6NspVgDZ0.net
>>107
今と違って弾丸と発射薬は別々に入れるから
火薬増やせば距離は伸びる

121 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:12:55.35 ID:fL2rBwSa0.net
>>113
火薬多すぎると壊れますよ
最悪顔吹っ飛ぶよ
自分で火薬詰めてる人も居るけど怖すぎだろ

136 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:36:22.16 ID:6NspVgDZ0.net
>>121
江戸時代の砲術書には距離と発射薬の関係とか書かれてるよ
通常の倍くらい入れて仰角を思いっきりとると500mくらい飛ぶらしい
命中率や暴発の危険とかは知らんけど

150 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:45:21.43 ID:1CNeJomZ0.net
槍は刺すのではなく叩いたんだよ

155 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:48:19.34 ID:7wnvpaig0.net
>>150
足軽が持つ長槍は隊列組んで叩く突くを繰り返して戦った 叩くだけじゃない

81 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:35:57.01 ID:Seuk1ndU0.net
戦闘は意表を突いたほうが勝ち。つまりルール違反をすること。
もっと言えば、極悪非道を先にやった方が勝ち。
アレキサンダー、ナポレオン、ヒットラー、義経などなど。

104 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 00:51:52.83 ID:RUvjDufU0.net
>>81
ナポレオンってなんか意表突くような事したっけ?
マウリッツが考えた三兵戦術を完成させただけで、特に意表を突いてないと思うけど

157 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:49:05.10 ID:dnBtCSoo0.net
>>104
ロバに乗った
貴族や軍人が乗るのは不可能だったんやろ

162 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:52:51.06 ID:6NspVgDZ0.net
西俣先生の本買いたいなあ
でもちょっと高めだし初心者向けなら大したこと書いてない気もする…
どうしようかな

147 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:42:35.18 ID:w7PG9MrF0.net
しかし、こういう戦場だと一人で突っ込んでも槍でつかれて終わりだし腕っ節一本で
武功を立てて出世なんて無理ゲーだよな。だいたい大名に成り上がるて言っても、ある程度
家臣いる小規模国衆か、殿様に小姓として使えてそのうち気に入られ少し部下を与えられるとか
からスタートとかばっかなんじゃないの。

149 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:45:10.16 ID:7wnvpaig0.net
>>147
そうでもないかな
首級挙げたら褒美貰えるし出世する
足軽や下級武士から腕っ節で武将や大名に
なった奴は多数いる

154 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:48:18.82 ID:/jNM9Cjg0.net
>>149
足軽からだと1人特別な人除いて他にはいないんじゃね?
なぜ戰に参加するというなら略奪が楽しみだから
信長軍団のように兵農分離してるならまた違った理由あっただろうけど

164 :ニューノーマルの名無しさん:2020/11/07(土) 01:53:04.14 ID:7wnvpaig0.net
>>154
藤堂高虎は元々足軽だし田中吉政は元農民
大名だけじゃなく武将は武功で出世した
元足軽とか下級武士は多数いる